SDGs de地方創生

SDGs de地方創生カードゲーム体験会概要

SDGs de地方創生とは

SDGs de地方創生とは、SDGsの考え方を地方創生(地域活性化)に活かし、魅力あふれる地域を更に元気な街を実現する方法について参加者全員で対話し、考えるためのゲームです。

運営事業者:issue+design(特定非営利活動法人イシュープラスデザイン)
      Project Design(株式会社プロジェクトデザイン)

SDGs de地方創生公式サイト

世界の問題と地域の問題に共通すること

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2001年のミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択されました。

世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、途上国も先進国も含めた世界全体で2030年までに解決していこうという国際目標です。

そのSDGsの考え方を街づくりに活かしていくことで何が得られるのか?

そもそも、世界規模のグローバルな問題と、国内の一地域の活性化の問題がに関係性があるのか?と疑問に感じられる方も多いかもしれません。

実のところ日本の各地域が抱える課題も、世界が抱える課題と根本原因や構造がよく似ているということに気が付いたのです。そのため、SDGsの考え方を理解することは街づくりや市民活動、ひいては企業活動を活性化することにも役立つのではないかと思っています。

□ファシリテーター紹介

SDGs de地方創生カードゲーム公認ファシリテーター

井上真由美

【ファシリテーターを取得したきっかけ】

起業したその年、会社員時代に大変お世話になった女性経営者から途上国の女性達が保健サービスを受けられるよう支援している国際NGOの活動に協力してほしいという相談を受けました。

当時の私は、SDGsはおろか、途上発展途上国の女性が具体的にどんな暮らしをしているのか全く知りませんでした。世界では1日約800人の女性が妊娠や出産、中絶が原因で亡くなっていて、そのほとんどが発展途上国で起きている。また、先進国と同様の治療を受けられる環境があればほとんどが助けられるという現実に衝撃を受け、途上国の妊産婦を支援する活動に参加をしました。

そこで、SDGsを知り、興味を持って調べて行く中で、自分にとって身近な問題でもありみんなが知って意識していく必要があると感じました。

遠い異国の地で起こっている問題が巡り巡って自分の身近で起こっている、ということを、わかりやすく伝える手立てを探していた時に、実際にSDGsde地方創生のカードゲームを体験しファシリテーターを取得したのです。

学校や職場でSDGs de地方創生を受けるメリット

SDGs de地方創生を社員研修や学校の授業に取り入れると、オープン開催の体験会に参加するよりもより深い学びが得られます。

その理由は「現場で今起きている問題を共有することが出来る」からです。

有料参加の体験会では、開催地周辺から幅広く参加者を集めるため、なかなか詳細なテーマを設定することが難しいのが現状です。それでも、体験いただいた方々からはご満足したと声を頂いていますが、もう一歩踏み込みたい、具体的なアクションプランまで考えたいというケースへのサポートまで至らない部分があります。

プログラムの構成という面でもゲームと同じくらい「振り返り」に重点を置いています。
体験会、楽しかったね!
SDGsなんとなく、ぼんやりわかったかも…
で終わらずに、じゃぁ具体的に今からどう行動するか、何を変えるかと言うところまでを考えるには
問いかけるテーマを詳細に設定することがポイントです。

ですので、会社や学校などのある程度人数のまとまったコミュニティでは、組織や街の未来や抱える問題に対してSDGsの考え方を用いて解決策を見出すまでサポートすることが出来ます。

【体験会開催REPORT】

2021年6月26日【長崎県東彼杵】
2020年10月4日【佐賀県佐賀市】

2020年4月5日【佐賀県多久市】

オープン開催イベント

地方創生コラム

まちひとしごと創生基本方針2021徹底解説
ヒューマン:まちひとしごと創生基本方針2021
デジタル:まちひとしごと創生基本方針2021
グリーン:まちひとしごと創生基本方針2021
人をひきつけ夢中にさせる方法