なぜ人は人に会いたくなるのか

このコロナ禍で、大きく変わったことの一つは
人との関り方だったんじゃないかと思っています。


会わないコミュニケーション
進化しましたよね。
オンライン飲み会

オンライン商談
オンライン帰省(ただのテレビ電話ともいう)

最初はどうなの?と思っていたことも
なんだかんだ定着しつつあります。

それでも人は、人に会いたくなる。

先日、他の人はどうかわからないけど
私の人生には、「余白」がだいぶ必要
ということに気が付きました。

仕事やプライベートのスケジュールで
がっつり埋まりまくったスケジュール帳ではなく
なんなら空白が多い方がいい


そんな私のとある挑戦が

「ワーケーション」にチャレンジすること。


今月はめちゃくちゃ近所ですが

ワーケーションに行く予定です。


最近よく聞くワーケーション。

ワーク(働く)とバケーション(休暇)を掛け合わせた造語です。


イメージ的には、ホテルや専用施設で仕事したり休息したり…
そんなイメージが一般的なのかな。


でも私が考えるワーケーションは、ちょっと違う。
そして、この過ごし方を一か月のうちに少しだけ取り入れるのが
私が求めていた仕事の形態でした。

私が考えるワーケーションの滞在先での過ごし方は
自分の仕事をする時間
その地を楽しむ時間
その地の困りごとの解決をサポートする時間

を過ごすこと。

だからスケジュールがみっちりだと

単なるリモートワークになっちゃう。

こんな過ごし方ができる旅を
とあるご縁からチャレンジすることができることになりました。


リフレッシュをかねて旅をするなら
私は絶対、現地の人と関わりたい。
休息なら家で飼い猫と寝てればいい。


せっかく、一人で街を訪れたんだったら
そこで頑張る人達に出会いたい。
直接会うことでしか感じられないことを感じたい。
その街のことを知りたい。


そういう出会いから、面白いアイデアや企画が生まれるんです。
オンラインでつながることができる今
それでも人が人に会いに行くのは
本能的にそれを知ってるからなのかもしれません。



マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります