あなたの住む町は、元気か?

写真は先日行った南阿蘇の宝来宝来神社。
色々とね、由緒が面白い神社で地味に気に入ってます♪


さて、冒頭のタイトルにもあったあなたの住む町は元気ですか?
と聞かれたら、はい!って言える人より、考えたことないとか、興味ないとか、元気じゃないとかそんな風に思う人の方が多いんじゃないかと思います。


それが悪いわけじゃないし
自分の住む町に元気がないっていうのが絶対ダメってわけでもないんですけど
街が元気ではないってことは、要は「住みづらい」わけです。


財政的にも苦しいから行政サービスも行き届いてなかったり
例えば、交通量の多い国道なのに信号機がなくて横断が危なかったり
子育てへのサポートが十分でなかったり
災害に対する備えが十分でなかったり
そんな感じだから移住者も増えないし、人が少なければ大型商業施設なんかも誘致できないし、若者は働くところがないから都心や近郊の中堅都市に出ていくことで活気がなくなる…。


今の日本の地方ってそんな場所だらけなんじゃないかなと思います。
若手と言われて50代60代が出てくるなんてことはしょっちゅうです。
見かねた行政が、他所から若者を連れてこようと試行錯誤してるけど、それもなかなか上手くいかない。

正直、好きで住んでるわけじゃないっていう方もいると思います。

今と同等かそれ以上の収入が得られて、親兄弟の介護なんかを気にしなくてよくて、しがらみなんかもないのなら都会に移りたいと思う方もいらっしゃる。

でも現実はそうできない。


じゃあどうする?


極論になっちゃいますが


ご自身の手でその街の未来を変えることを考えてみませんか?

または、どうしたら自分たちにとって住みやすい街になるのか、今この街に足りてないものって何?ってことを少しだけ考えてみませんか?


そんな小難しいことを、ゲームを通じてヒントを得ながら
参加者同士で考えていくのがSDGs de 地方創生カードゲームなんです。

元気な街とそうでない街の違いって何?

ということをテーマに、住民と行政の間にある違いを考えたり、街を元気にする上でハードルになることや問題を予測し、それがなぜ起こるのか、どうすればもっとスムーズに解決できるのかなどをみんなで考え理解します。


だから、今何もやってなくてもいいし
何かやりたいけど何をやったらいいかわからない状況でもいいし
何もしたくないけどただ気になるという状況でもいいんです。

終わったころには、「仲間」と「やりたいこと」ができてますから!


そんな場を8月にリアルで設けます。

【イベント詳細】

日程:2020年8月23日(日)

時間:12:00~15:00(会場は11:30よりオープンしております)

※茶菓子の用意はいたしますが、食事のご用意はございませんのであらかじめ済ませてきていただくようお願いいたします。

※ゲーム自体は15時終了を予定しております。

会場は16時まで会場を開放しておりますので、参加者同士のネットワーキング等を楽しんでください。

会場:スコルカフェ

〒846-0002佐賀県多久市北多久町大字小侍1108-4(駐車場あり)

http://scol.jp/

※イベント当日カフェはお休みです!カフェメニューや雑貨の販売などは対応出来ませんのでご了承ください。

定員:12名

※ゲームルールとして参加者が6名以下の場合は中止とさせて頂き、返金処理をさせていただきます。


ぜひ、気になる方、会場でお会いしましょう。