写真を通して伝えること②

最近、ちゃんとサービスとして始めた
「#写真で伝える地域の魅力」ですが、実は全く違う単体のサービスで実施したことがありました。


その時の忘れられないあるお客様のことを書いてみようと思います。

私は、日本の中小企業の社長を笑顔にするプランニングディレクターです。

ホテルや観光バス会社、小売店、メーカー、アプリ開発、飲食店、農家、サービス業など様々な業種の方からご相談をいただいています。

特に「集客を増やす」、「売上を上げる」という相談が多く

これまで600以上の解決案を提案してきました。



ずっと長くお付き合いさせていただいているお客様に

小さな田舎町で温泉旅館を営むご夫婦がいます。

地元でとれた旬の食材を使った料理が評判の旅館で

海外にもたくさんのファンがいらっしゃいました。

女将はいつも前向きで活動的。

外国人のお客様とも積極的にコミュニケーションを取りたいと

忙しい合間を縫って英会話スクールに通っているお話もお聞きしました。

それ以外にも、街の活性化にも前向きで祭の実行委員を自ら買って出たり

集客につながるキャンペーンを自分で考え、商店街でやってみたり・・・

とにかく今よりよくなるためにとやれることを考え行動し続ける方でした。

旅館の料理を担当するのは旦那様で

そのセンスと味は有名旅行サイトでも度々話題になるほどでした。

そんないつも元気で前向きなご夫婦と話す時間は

私にとってパワーチャージの時間でもあったのです。



ある日、その旅館の旦那様より、女将が病気で亡くなり

しばらく旅館を休むことになったと連絡が入りました。


※長いので次に続きます。

マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります