高価格帯でも公にした方がよい理由

突然ですが、ご自身が高価格帯(40万円以上)のサービスを持っていたとします。

その正規の商品価格、HPやSNSなどで発信されますか?

一般論から言えば、そういう高額商品をエンド商材と定義して

まずは1万円前後の手ごろなサービスを体験いただき、自社を知ってもらった方に直接案内するという流れが多いので…高価格帯のサービス自体をHPに掲載しないことも珍しくありません。


先日、あるクライアント様との価格明記のやりとりをした時も私は、これまでのそういう一般論から掲載しないという判断をしました。

しかしクライアント様からは、掲載してという指示が返ってきたのです。


最初にその指示を見たときは、え?マジか⁉でした。

だって、サービスの詳細は明確に記載しているし価格まで出したら他社にマネされちゃうじゃん(んなこたない。どんだけサービスに自信持っとんねん)。

それに対法人向けのサービスだからカートに入れて買うようなもんでもないし…(高いか安いかは相手がきめるものだし、カートに入れて買ってもらってもいいんじゃない)


そんな思いが頭の中を駆け巡ったのです。

※()内は冷静になった私の突込みw


クライアント様のご意見としては

公平な営業活動をしたいから値引きなどには応じるつもりがない。
だから最初から値引きありきで相談してくる人をけん制したい

というものでした。(他にもいろいろあるけど割愛します)



それを受けて私はこう思ったのです。

確かに。

私も値引きはしたくないし、値引き交渉に余計な時間を費やすのは嫌だ。
ていうか他社にマネされるって、まだまだ立ち上がったばかりでほとんど知られていないサービスなのにどこがマネしてくれるんだろうか。しかも、高価格かどうかは私が決めることではなくてお客様が決めることではないか

でも、じゃぁどんな表現したらいいんだろう。
値引き交渉に余計な時間を費やしたくありませんっていうのは表現が悪いよね。。。

どうしようかな。。。



そして私が出したのは、作り手の素直なありのままの想いを言葉にしました。


「弊社は公平な営業を行っております。そのため、各サービスの割引や値引き、内容の変更等には応じることができませんのであらかじめご了承ください」


個人向けサービスでも、法人向けサービスでも
価格設定や価格の表記にはいつの時代も悩みはつきもの。

でも、こうやって自分のスタンスを明記することで最初から望まないやり取りを減らすことにつながって、もし万が一来てしまっても断るきっかけとなります。

営業が好きな方や交渉事、駆け引きが苦にならない方にとっては良いのかもしれませんが
不本意なことに時間を取られるのが嫌な私には向いてません。


この件で、私も全サービスの金額設定を公開することに決めました。


こうして私も日々クライアント様からの気づきを頂き成長させていただいているのです。

いつもありがとうございます。


マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります