つらく苦しい時こそ

未来が見えなくて
いい知れない不安が押し寄せてきて
楽しいはずの時間でも心から楽しめなくて
人の成功話を聞きながら劣等感を持って
幸せだと思い込もうとして
無理やり笑顔作って

そんな時をたくさん経験してきました。
前を向けない時ほど
辛いかもしれないけど
現実を見るようにしています

そうすると、抱えている不安が
未来予想図なのか
取り越し苦労なのか
わかります
それが出来ない位気持ちが沈んでる時は
ある程度の回復まで何もしませんが
現実をみると少しだけ安心出来るかと思います
明けない夜はないとか言っても
不安の渦中にいる人にとっては気休めにすらなりません

出来るだけ、自分で
思い切って現実を見てみてください
意外と、なんてことないやん
となるかもしれません

マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります