コンテンツディレクター

私事ですが、肩書きを変えました。
多分あまり興味ないかもしれないですが…笑
防備録を込めて経緯をまとめます。


今までは人財プロデューサーという肩書きを使っておりました。
まあ、それもなかなか分かりづらい肩書きではあるのですが😅事業の主軸を人材育成にしたい思いがあり約4年いい続けました。
その思いとは裏腹に私が思う人材育成のお仕事は正直少なかったんです。
それでも言い続けることが大事だと思って、自分でも違和感を感じながらもしがみつきました。


でも最近、私の師匠から
人に限らず、web、広告、事業戦略など、幅広くサポートできるのが強みでしょ。
どうしてもこだわるなら止めはしないけど、人材にあえて固執する必要ってどこにあるの?
企業の課題って人だけじゃなくて、経営だったりプロダクトだったりプロモーションだったり、色んなところにあるもの。
そういう様々な課題を解決するのはコンテンツディレクターの仕事に近い。
コンテンツディレクターでいいんじゃない?

っと言われて
なるほどと腑に落ちたんですね。


私が人材にこだわってたのは、企業課題の根底に人があると思っていたから。
その思いは今も変わりませんが、確かに人材以外の課題があるのも事実です。これまでも対応してきましたが、今後はそういう様々なシーンでの課題解決のサポートにより注力して行くと決意することが出来たので、コンテンツディレクターと名乗ることにしました。

名刺も新しく発注し、心機一転、楽しく真剣に毎日と仕事に向き合っていきます!

街と人とコトと企業の課題を解決するコンテンツディレクターの活動日誌

相手の可能性を信じて、障害の有無に関わらず誰もが人間らしい働き甲斐のある仕事を持ち社会に貢献する人材を増やすミッションを現実に!