相手を深く知る

先日、UXのセミナーを受講してきました
webに携わっていれば、近年良く聞くワード。何となく知ってるつもりでしたが実際に触れてみると奥が深い

一言でざっくり表現するなら、UXとは相手を深く知ると表現出来るかと思います。
相手とは、ユーザーのこと。
ただ、闇雲に想像でペルソナを作り出せばいいのではなくユーザー中心の設計を意識する必要がある。
最近は新商品開発なんかの時にもUXってよく言われてますが、本気で商品設計の時から意識してないと商品が完成してプロモーションの段階で言い出してもなかなか大変な感じになります。
私、今までユーザー目線を声高らかに謳ってきましたが…UXの視点からは何もわかってなかったと……( ˟ ⌑ ˟ )
お恥ずかしいm(_ _)m
これを機にUXを勉強して更に有益な提案が出来るようにして行きたいと思います。

街と人とコトと企業の課題を解決するコンテンツディレクターの活動日誌

相手の可能性を信じて、障害の有無に関わらず誰もが人間らしい働き甲斐のある仕事を持ち社会に貢献する人材を増やすミッションを現実に!