⑨昨今の大規模な自然災害に強いインフラ整備を考えること

出典:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/sdgs_target.html

SDGs17の目標を1つずつ解説しています。

今日は⑨について。

目的としては

  • 今より少しSDGsについて知識を増やすこと。
  • 全ての問題が自分たちにどんな風に関わっているのかに気が付いてもらうこと

なわけです。

出典元は農林水産省のサイトですが具体的かつ、わかりやすく記載されていました。

国連の資料をしっかり読み込むのも良いですが分かりづらい部分やなじみのない部分もあるので指標すべてを理解するより全体をなんとなく理解することから始めてみることをお勧めします。


「産業と技術革新の基盤を作ろう」では

世界規模の話をすれば、約37憶人がインターネットにアクセスが出来ず、また、約17%が携帯電話の電波が届かない場所で暮らしています。
出典:https://www.itu.int/en/ITU-D/Statistics/Pages/facts/default.aspx

と言われても、何だかピンとこないかもしれないので見方を変えてみると
このゴールの背景には世界全体に広がる生活水準の格差があるということに気が付きます。

日本ではインターネットも携帯電話も、生活必需品となっているけれども、世界を見ればそうじゃない国があるということですからね。
ただ、それだけで終われないのがこのゴール。
その理由は、ここ数年世界規模で発生している自然災害による社会機能や産業へのダメージを改善していくことも含まれているからです。


つまりは、大きな地震の影響で交通網が麻痺してしまったり
台風やゲリラ豪雨、線状降水帯による雨の影響でまちが水没してしまったり
という現実に対して、スムーズに元に戻れるインフラ整備を行ったりということもこのゴールに深い関係のある話です。

比較的大きな課題なので、個人レベルで何かをするのは少し大変かもしれませんが
企業や自治体が推進している関連するプロジェクトに興味を持ったり
活動している人や企業などをSNSで発信するなどの方法から始めることができるのではないかと思ったりしてます。


マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります