⑧仕事もプライベートも充実させること

出典:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/sdgs_target.html

SDGs17の目標を1つずつ解説しています。

今日は⑧について。

目的としては

  • 今より少しSDGsについて知識を増やすこと。
  • 全ての問題が自分たちにどんな風に関わっているのかに気が付いてもらうこと

なわけです。

出典元は農林水産省のサイトですが具体的かつ、わかりやすく記載されていました。

国連の資料をしっかり読み込むのも良いですが分かりづらい部分やなじみのない部分もあるので指標すべてを理解するより全体をなんとなく理解することから始めてみることをお勧めします。



私が起業した頃、世は空前の働き方改革ブームでした。
ワークライフバランスやダイバーシティ推進がトレンドとしてもてはやされ、行政や企業がこぞって研修を行っていました。
その時思っていたのが「残業減らしたくない人っているよね」ということでした。
残業に対する思想の部分というよりは、単純に残業が少なくなることで手取りが減る
多くの会社は月給制だと思いますが、会社によっては基本給を少し低めに設定して、職種手当のような形で支給するケースがあるわけです。そこに残業代やインセンティブも入った金額が毎月振込まれる。


つまり、ある程度は毎月一定額だけれども残業代があるかないかは大きな違い。
という状況の場合、残業代が減ることで給料が減ることにつながる人は少なからずいたはずで、彼らに対してどう対応したのかなというのはずっと疑問として持っていました。

一般的にこの⑧の項目は、働き方改革の研修をしたり過重労働にならないように気を付けたりしながら利益を上げていこうという風に思われている面があると感じていますが、本質は違うと思っています。

「仕事」も「プライベート」も各自が望む形で充実させることが普通に出来る社会の実現。

正規雇用で働きたい人は正規雇用で働くことが出来る環境
在宅、出社を自ら選択できる働き
フリーランスとしてやっていきたい人は、居住地に関係なく正当な料金で仕事をする環境
人材の能力に関係なく一定のスキルが発揮できる仕組み
などを用意することが、日本でのこの⑧のゴールだと考えています。



マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります