⑤人の気持ちがわかる優しい心を思い出すことから

出典:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/sdgs_target.html

SDGs17の目標を1つずつ解説しているのですが、今日は⑤について。

目的としては

  • 今より少しSDGsについて知識を増やすこと。
  • 全ての問題が自分たちにどんな風に関わっているのかに気が付いてもらうこと

なわけです。

出典元は農林水産省のサイトですが具体的かつ、わかりやすく記載されていました。

国連の資料をしっかり読み込むのも良いですが分かりづらい部分やなじみのない部分もあるので指標すべてを理解するより全体をなんとなく理解することから始めてみることをお勧めします


めちゃくちゃ個人の所感なんですが

このジェンダー平等、日本では女性管理職の登用とかをイメージされる方が多いかもしれませんが、女性が企業で働いたり、起業したり、自由に動くことを良く思わない人達の意識もどうにか変えていかなくてはいけないと思っています。


子どもが小さいうちから保育園に預けて働くなんて…


専業主婦じゃだめなの?


フルタイムの正社員じゃなくてもパートでいいじゃない


朝早くから綺麗に化粧をして出かけて遅くまででかけて何をしているの?



田舎だからか、そんなことを言われたという話を耳にする機会が多いのです。

実は私も経験者。
地元に帰ってしばらくはあそこの娘は何をしているんだ?

としばらく言われ続けていました。。
私が起業した6年くらい前は、リモートワークなんか全然浸透していない時期でPCをカチャカチャしていても、家族は遊んでいると思っていたそうで。。


そういう理解のなさが生きづらさを生むんよ。。
と当時は何度泣いたことか。


人間は自分の物差しで物事を見ています。
その物差しに合わなければ、あれはおかしい、間違っているとジャッヂをしがちです。


でも、その人にはその人なりの事情があるかもしれないと
相手の状況に少し想いを馳せてほしいなぁと思います。
それも立派なSDGs推進になるわけですし。

ジャッヂしてしまっても、自分の中にしまっておく方法もあります。
自分たちが現役だった頃と、今は時代も違うのではないでしょうか。


その判断を、本人がいない場所で悪口のように言ったり

何の配慮もせず、相手に直接言ってしまうことで傷つく人がいるかもしれません。

ジェンダー平等の推進は、人の気持ちがわかる優しい心を再認識する
そんなことからも始められると考えています。

マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります