オンラインイベントの成功に必要な要素

先日、「オンライン蔵開き」に初めて参加しました。

イベントの構成や話自体はとっても興味深かったのですが
「オンライン蔵開き」自体をリピートすることはきっとないだろうと思いますw


蔵開きとは

蔵開きとは、日本酒や焼酎をはじめとするお酒を造る
酒蔵やワイナリー、醸造所が商品の販売や自社のファンを獲得するために
製造現場に一般客を入れて酒造りについて説明したり商品の試飲試食をするイベントのことです。


昔から蔵開きは大好きで
早朝から公共の交通機関を乗り継いで
よく出かけていたのですが、コロナ禍になってからは
大勢の人が集まりお酒を飲むことで、密が起きて飛沫感染のリスクからか
ことごとく中止になって寂しい想いをしていました。


そんな中でオンライン蔵開きという取り組みを
様々な酒蔵様が行っていたのは知っていました。

でも正直

どうなのよ?と思っていました。


蔵開きに参加する目的は?


私の場合、酒蔵開きに参加する目的が
酒蔵のことやお酒の作り方、酵母がどうのということよりも


美味しいお酒と料理を楽しみたい

いわば、酒蔵で酒盛りすることが目的なわけです(私の場合)。

ついで言えば、そこで知らない人と仲良くなったり
お酒についての情報交換をしたりしたいわけです。


酒蔵で酒盛りしたい人にとっては
事前にお酒を調達して
つまみを用意して(自前)
自宅でPCの画面を見ながら
酒蔵の関係者の皆様の話を聞きながら酒を飲む
というのはちょっと方向性が違うのです


なので、蔵開きで、杜氏さんや関係者の人達とお酒について色々と話を聞きたい方は
じっくり話を聞けるので満足度が高いと思います。

リアル開催の蔵開きでは、酒蔵の方々もお客様のお相手があるので

逆にじっくり話を聞くことは難しいケースもありますから。


リアルをそのままオンラインにしても上手く行かない


このオンライン蔵開きを体験したことで
リアル開催していたイベントをそのままオンラインに移行しても
成功しないということを身をもって感じたわけですが

参加者の要望と主催の要望が合致するポイントを
見出しておくことってなかなか難しいケースもあると思うのです。


楽しみたいけど売り込まれたくない消費者
商品を購入してほしい主催側

そんなごく普通生活の中にある状況。


例えば、コロナ禍で日本酒をはじめとするお酒が出荷できずに
酒蔵に在庫として残っている危機的な状況を逆手に取って
複数の酒蔵で集まって「商品を購入したい人」をターゲットに
各地の酒蔵をオンラインでつないで、事前に試飲セットみたいなものを配ってそれを飲みながら銘柄や料理との組み合わせ、楽しみ方を提案するとか。

そんなやり方もありなのかなと。


早く以前のように、多くの人が集まってお酒や美味しいものを
マスクナシで楽しむ日常が戻ることを祈るばかりですが
それはもう少し時間がかかりそうなので

私も日本酒の試飲付きオンライン即売会でも企画してみようかなとか

思ったりするのでした。



マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります