突然のプロジェクトクローズの時何を思いどう行動するのか?

いつもの環境にいると
デジタルデトックスをと思ってもなかなか難しいものですね。

東京五輪が無観客という方針が決まり
招致予定時の開催コストから倍以上に跳ね上がった予算についても
様々な物議が交わされているようです。

個人的にはそうまでしてやらなくてもという想いはいまだにぬぐえませんが
もう開催まであとわずが。関係者も続々と入国してきているので半ば致し方無いんだとおもっていたりしています。


無観客とされたことで
すでに販売してしまったチケットは払戻すことになるので
今以上、更に赤字が膨らむことが現実となってきました。
そのため組織委員会は経費削減に取り組んでいるというニュースが流れてきました。


こういう状況は、五輪じゃなくてもコロナ禍時代よくあることだと思います。
誰もコロナなんて世界的パンデミックは予見してませんでしたし
実際に大手企業も業績がかなり落ちています。

プロジェクトの予算がショートした
予算が削減されてしまった

そんな時、大体痛手を食らうのは「業務委託」や「派遣」などの非正規労働者のことが多いわけで、みんな本業を持っていたり複数のプロジェクトをかけ持っていたりするわけです。


次なるステージへ高見を目指して


私も、過去似たようなことを経験してきました。
関わっていたプロジェクトが道半ばで終わることについて
自分の力不足を痛感したり、さみしくなったり、未来に不安を感じたりすることもあった。


そんな時は、無理やりにでも

次のステージへ進む合図だ!
と思い込んでいます。


次のステージがどこなのか全くわかりませんがw
泣いてもわめいても状況は変わらなくて、行動することでしか状況はかわらないから
出来るだけ早い段階で自分を鼓舞していたりします。


東京五輪に関わる沢山の裏方の方々
今、喪失感を感じている方
コロナ禍で思うように仕事が見つからない方
明るい未来が見えなくて、不安を感じている方
そんなすべての方に言いたい。

今は、次のステージに行く合図だと思って
自分なりに前に進んでください。


夜明け前が一番暗いだけなのです。






マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります