決めたことを実行できない時に考えることとその対処法

よし、やろう!

と決めたこと


最初は意気込んでいたけれども
なぜか実行に移せない・・
もやもやしているうちに忘れちゃった・・

ということないですか?
実は、私はよくありますw


あれ、何で動けないんだろう?
どうしたんだろう?
そんな風に思った時は、やろうと決めた時のことを
よく思い出してみるんです。

そうすると、なぜ一歩が踏み出せないのか
の答えやヒントが見えてきます。
私の場合ですが下記のような理由がよくあります。


思い付きで行動してしまっている

思い付きで行動するならスピード感が勝負になります。ちょっとでも悩んだり足を止めることなく、ピッ!パッ!で動かなくちゃいけない。
その勢いが、今切れてしまっている。


心からやりたいことではない

やりたいと思っても、心の奥底(深層心理)では怖いと思っていたり
正論だからやらなければならないと思っているだけで本当はやりたくなかったりしたりします。


一歩が踏み出せなくても、スルー出来ることなら悩む必要はないと思います。
でもそれが、一歩を進めないとどうにもならないという場合もある。

じゃぁそんな時はどうするか


幸せな未来を具体的に描く

新しいことを始めることはワクワクする反面、何度やってもなれない怖さがあります。

失敗したら、受け入れられなかったら・・誰だって怖いのは当然です。

その怖さを乗り越えるには、一歩踏み出した先の未来を描いてそれを信じることがとても大切なポイントになります。


個人的にはなかなかに壮大ではありますが、具体的で直近の未来を描くことが多く
それが描けると意外にスムーズに行動に移すことが出来るようになったりします。


それでも行動できない時は
ちょっと言い方が悪いですが、放っておきましょう。
どうしてもやらなければならないことは、締め切りがあるものです。

その締め切りが目前になってくれば嫌でも動かざるを得なくなり
結果はどうであれ、大切なことであればあるほど動くことになります。


その時もし後悔するような結果になっても
それは人生の糧の一つだと思うのです。

人間って自分勝手なもので
大切なもの、人、時間‥
失ってしまった後でしか大切さに気が付けないこともあるわけです。




マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります