私がカメラを構える理由~写真にできること~

先日、撮影のお仕事をかねて
長崎市内2泊3日の旅に行ってまいりました。

修学旅行などで度々訪れた長崎市内。
でも大人になってからはあまり行きませんでした。


でも、今回実際に訪れてみて感じたのは


自分の物事の見方次第で
こんなにも見る世界は変わるんだ


ということ。



ちなみにめっちゃ楽しんだ旅の様子は
私のインスタをご覧ください。

まだ続くんか⁉と言われるくらい
バンバンアップしてますから(笑)
長崎市内観光するなら
私のインスタ参考にして!
って声を大にして言ってもいい位


私が住んでいる場所からしたら
長崎市は比較的近い部類に入り
九州在住だと修学旅行などで
大体一度は訪れる人も多いはず。
平和記念公園とか
グラバー園とか出島とか
定番スポットありますからね。


今回の撮影旅でも
そういう定番にも行きました。

学生時代は修学旅行で
そんなところ行っても
ちっとも楽しくなかったw

しかも、長崎市まで地味に距離あるし
街に路面電車が走っているので車運転しにくいし

子どもの頃の楽しくなかったイメージが強くて
リストを確認していてもそんなに期待していなかった。


それが行ってみたら
長崎に対する見方が変わりました


レトロな雰囲気の中に
近代的なエリアが混在して
逆に新しい!


定番スポットだって
「撮影旅」という視点で見れば
街だけでも
モデルがいても
とにかく映える!

おかげで1300枚以上の写真を撮っていました。
全部はインスタにアップしませんけど
とにかく全てが新鮮!

勿論、写真をやらない人でも
街並みを路面電車から眺めたり
夜景や夕陽を坂道から眺めたり
レトロなスイーツ食べたり
地域ねこ探したり
色んな楽しみ方ができます。


こうやって「形を変えることができない」
物や場所の新たな魅力を伝えることができるのが
写真(カメラ)のチカラだなぁと思うのです。


写真を見た誰かが
長崎行ってみたい!
次の旅行は長崎市にしようかな!

と思ってくれたら
そんな思いを込めて撮っています。


次はどんな街を撮ろうかな。

撮影のご依頼、相談等お気軽に~♪



マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります