何度も清水の舞台から飛び降りて手に入れたもの


これはiPhone撮影なのと
シロちゃんが汚れているので画質が悪いですが・・


過去数回、清水の舞台から飛び降りる経験はしていますが
いざ飛び降りてみると、思っていた以上に新しい世界を手にすることができています。

今回もベストタイミングと言わんばかりに撮影の相談が舞い込んだり
やってみないと気が付けないことがあったりご縁が広がったり
結果良い方向に進んでいます。

いつも普通に超えれるハードルよりもちょっと高いハードルを飛ぶには
勇気と勢いと準備が必要で、そのすべてが整ったらベストなタイミングが訪れるもんだなぁとひしひしと感じています。


というわけで

SONYa7Ⅲ
というフルサイズミラーレス一眼を手にしました。
2021年度から撮影も積極的に受けていきたいと考えております。
カメラはシャッター切ってナンボの世界。
人物も風景も物撮りもなんでもやっていこうと思います。


a7Ⅲで撮った写真。撮って出しで明るさの加工すらしてません。
早々に物撮りのご相談をいただき撮影した中の失敗作を出させていただいていますw


今年はカメラを買うつもりではいましたが
元々買う予定だったのは一つ前のモデル。
周囲で使っている人も多く、私が撮りたい写真を撮るには申し分ない機種でした。

でも、実際にカメラ屋さんで話を聞いてみると
高機能な割にバッテリーが小さいので持ちが悪いという話を聞いて
仕事でも使用したかったこともあり
だいぶ予算オーバーでしたが投資だと思って清水の舞台から飛び降りたのです。


よく、仕事道具はケチってはいけないといいますが
仕事で使用するもの以外でも何でも「値段」には意味があると考えるようになりました。
猫じゃらしだって200~300円の安物はすぐ壊れるけど、800円のものは耐久性バッチリだし
洋服だって安いものはすぐに破れたり毛玉がすごいことになったり
扱い方にも問題があると思いますが、安さにかまけて飛びついたものはやはりそれなりなんだなと感じたのです。


2021年は良いものを永く、大切に使っていく
ことを意識していこうと決めたのでした。






マチヒトコトモノ活動日誌

未来に向けて意欲的に挑戦を続ける人が好き!そのパッションあふれるサービスを形にするプランニングディレクターの活動記録や思ったことを綴ります