酒活つなぐプロジェクト

はじめに

国税庁の清酒製造業の概況によれば、1970年代のピーク時から比べると約7割も製造量が減少していて
現在1か月あたり約3社が廃業しているのが日本酒の市場です。

決して今後の成長業界とは言えない日本酒業界で、田舎の一人のディレクターが何をしようとしているのか。
どんな社会を創りたいと思っているのかについてまとめてみたいと思います。

酒活つなぐプロジェクトの概要

このプロジェクトは、日本全国の酒蔵と店舗で出すお酒にこだわりたい全国の飲食店をつなぐものです。

まだ構想段階なので徐々にブラッシュアップされていくと思いますが
オンラインコミュニティ(サロン)をベースに実際にメンバーで酒蔵見学に足を運んだり、飲食店に蔵元さんをお招きして料理の組み合わせや飲み方についてレクチャーを受けたりその他、メンバーさんのやりたいことを現実にするようなことをやる予定です。(もう少し具体化したら箇条書きで分かりやすく記載します。わかりにくくてごめんなさい。)

このプロジェクトで酒蔵だけでなく、酒蔵や飲食店がある街の魅力を発信することが結果的に地方創生や観光の活性化にもつなげられるように考えていくことで地域全体を盛り上げることにつながると思っています。

どうしてやろうと思ったのか

個人的にはあまりお酒に強い方ではないのですが、若い時から美味しいお酒出会う機会をたくさんいただいたことで
日本酒が大好きになりました。最近はもう年齢も年齢なので、量より質を求めて飲んでいますが、飲み会の席で日本酒を注文する人が少ないせいか、それだけで話のきっかけとなり徐々にご縁が増えていきました。
また、日本酒関連のイベントに参加すれば知らない人ともすぐに仲良くなれる。

そんな、人と人をつなぐ日本酒文化をなくしてはならない!と勝手に思っていたのですが
実際に何か行動を起こすことはしていませんでした。



では、それがなぜ今回こんなプロジェクトを立ち上げたのかというと
新型コロナウィルス感染症の流行で緊急事態宣言をはじめ夜間の営業自粛、飲酒を伴う会食を控えるなどかつてない対応が要請されたことがきっかけでした。


ちょうど、その年の新しいお酒が出来上がってこれから各地で酒蔵まつりやイベントも予定されていました。でもそれは軒並み全部中止せざるを得ない状況になり、緊急事態宣言によりいつもの卸先からも注文がストップしせっかく作ったお酒の行き場がなくなってしまったのです。

基本的に酒蔵の国内販路は、各地域の酒販組合を経由してメーカーへ卸し、そこから酒屋や飲食店等へというのが一般的です。最近は組合に入らず独自で販路を持つ酒蔵も増えていますし、海外との独自の販路を開拓し輸出することも珍しくないご時世となりました。
その他、個人のお客様に直接ネットや店頭で販売するケースもありますが、売り上げの多くを占めているのは飲食店や酒屋、スーパー、百貨店等の企業なのではないかと考えています。

酒蔵も飲食店も企業である以上、売り上げを創らなければ生きていけないから
オンラインやリアルで双方がつながり、お互いの仕事に対しての想いを知り、認め、コラボして
そこに一般消費者も巻き込んで、新しいものを創造できる環境をつくりたい!


清酒業界で生成量200kl以下の小規模な酒蔵は、全体の約半分です。
でもこれは、言い換えると、2社のうち1社は大量生産ではなく、こだわりを大切にしたお酒を造っているともいえると思っています。生成量が多いところがこだわってないと思っているわけではありません。
ただ、小さくても、例えあんまり儲からなくても、少ししか作れなくても、自分たちの味を作り続けていく
そう決めて頑張っているところを一番に応援したいと思っています。


新型コロナウィルス感染症はワクチン接種が始まれば、徐々に落ち着いてくるかもしれません。
でもこの先、また新たなウイルスや自然災害等どんな未曾有の出来事が起こるかは誰にもわからない。
そういう有事の時はもちろん、そうじゃない時でも切磋琢磨して成長していきたい人同士がつながることで
地域も活性化することを現実にしたいと思って立ち上げたのです。

具体的にやっていくこと

実際にどんなことをやっていきたいかというのは冒頭でお伝えしたとおりです。
内容的にはオンラインサロン内でコミュニティを創りそこで活動することになるので、詳細をご説明します。



オンラインサロン


活動のベースはここから始まることになります。Facebookの秘密のグループという機能を使い、希望される方についてはここに参加いただき活動していただくことを想定しています。
参加費については、50社までは無料としそれ以後は有料化(月額1000円以内を目安)を検討しています。


参加条件について
・Facebookアカウントをお持ちの方
・全国の酒蔵様(役職等は特に問いません。全国どこからでもOK)
・酒蔵とつながり自店の料理に合う日本酒を仕入れたい飲食店(法人個人は問いません)


オンラインサロンでできること(予定)
・酒蔵さんと直接つながり情報交換、商談(各自で行っていただきます)
・酒蔵さんによるオンラインミニセミナー(内容についてはリクエストを募集します)
・酒蔵巡りツアー(新型コロナウィルス感染症の状況を見ながら)
・酒蔵さんとのリアルイベント(新型コロナウィルス感染症の状況を見ながら)


将来的にやっていきたいこと(予定)
・SNSマーケティング等のビジネスセミナー
・物撮りセミナー
・新たな販路づくり
・参加いただいたメンバーさんが知りたい、必要なこと


参加方法

FacebookMessengerより
「酒活参加希望」とメッセージ付きで友達申請をお願いいたします

https://www.facebook.com/mayumi.inoue.90/

※メッセージがない場合、友達申請が受けられないケースがございますのでご注意ください。
※twitter、Instagram等からコンタクトする場合は必ずFacebookのアカウントを記載ください。